もしかして夫はED? 産後セックスレスの意外な原因

「もしかして、私に魅力がなくなった?」「彼は浮気しているかもしれない」産後のセックスレスにお悩みの方はこのように、自分と相手の関係性に原因がある、と考えることが多いようです。思い当たる原因はさまざま。でも、もしかしたら実際のセックスレスの原因は、もっと思いもよらないところにあるかもしれません。

もしかして夫はEDだった?! 嘘のように見える本当の話。それは今、あなたの目の前で起こっているかもしれません。

◆妻のためを思って出産に立ち会ったつもりが……

昨今、旦那さんが出産に立ち会うケースが急増しています。命がけで分娩をする女性からすると「父親としての自覚を持つためにもぜひ立ち会ってほしい」あるいは「自分の必死な姿を見られるのが恥ずかしい」と、きっぱり意見が分かれそうなところですよね。しかし男性の側には、必死な妻を傍で見守りたいという思いや、生涯子どもを産めない男性でも命の現場に立ち会えるチャンスから、立ち会いを前向きにとらえる方が多いようです。

ここで気をつけておきたいのが、出産の立ち会いがEDに発展するケースです。分娩のとき、女性の体にはかなりの負担がかかります。大声をあげたり、普段は言わないような言葉を発したりすることがあります。このような妻の姿が頭に焼きついてしまい、子どもが産まれた後、知らぬ間にEDとなってしまうことがあるのです。

気の弱い旦那さんや、自分から率先して立ち会いをしたがらない旦那さんのことは、無理に出産に立ち会わせずにそっとしておいてあげた方がいいかもしれません。

◆産後の妻だけED

出産後のホルモンバランスの関係から、女性がパートナーへの性的な興味を失い、嫌悪感を抱くことがあるのは、よく知られた話です。しかし、これと同じように、男性がパートナーへの性的な興味を失ってしまう事例もあります。

男性の心的EDの症状の中には、女性を大切に思うあまりEDになってしまうというケースがあります。たとえ出産に立ち会わなかったとしても、大切な子どもを産んだ妻のことをまるで聖母のように感じてしまい、勃たなくなってしまうことがあるようです。あるいは、出産を経験した妻のことを家族としてしか見られなくなってしまう、という場合もあります。

◆「もしかして夫はED?」と思ったら

これらの事例のように、「もしかして夫はED?」と思ったら、男性専門クリニックの受診をおすすめします。ただし、このとき「EDかもしれないから診察を受けてきてよ!」と強く伝えてしまうのは、男性のプライドを傷つけてしまうことにもなりかねません。受診を勧める際は、「もしかしたら、生活習慣病かもしれないから」などと切り口を変え、さり気なく伝えられるといいですね。

◆EDの治療はどのように行うの?

男性専門クリニックを受診すると、まず医師による診察が行われます。そこでカウンセリングを受けてから、今後の治療の方針が決まるわけです。ほとんどの人は、バイアグラをはじめとしたED治療薬による治療だけで、症状の改善がみられます。性器を見せたり、処置や手術をしたり、といったことはほとんどないそうですから、ご安心ください。

産後セックスレスの原因は、パートナーのEDかもしれません。「もしかして夫はED?」と思ったら、すみやかに男性専門クリニックを受診しましょう。