何故妻は産後、夫とセックスしたくないのか

出産後の女性の多くは性欲が減退します。そんなときに夫に無理に迫られたら「何いってるの?」と不快な思いでいっぱいになるでしょう。それがさらに夜の夫婦生活を遠ざけてしまうことが考えられます。

何故産後は性欲が減退するのか、それはたくさんの要因が考えられます。ホルモンによるもの、肉体的な疲労、心理的なものなどです。そういった出産後の女性の特殊な状態を夫たる男性はよく知る必要があるでしょう。知ることで、彼女にあわせた対策をとれば、セックフライフを復活させることができるはずです。

◆なんとなくセックスする気になれない

「なんだか分からないけど、出産してからまったく性欲がなくなった」という女性たち。特に母乳育児をしているとその傾向があるといわれています。それは母乳の元になるプロラクチンというホルモンが性欲を抑制する作用があるから。まだ母乳で育っている段階の赤ちゃんがいながら、新たに妊娠することを避けるためのホルモンだそうで、そういわれるとどうしようもないと感じられますね。

ですから、セックスを拒否されたからといって、夫を嫌っているわけではないことを分かってほしいものです。「なんとなく…」といわれた場合は、もうちょっと時間が必要なのであり、赤ちゃんがおっぱいべったりの時期をすぎるまで待つことが大事です。

◆セックスより寝たい!

一般的に出産後二週間は十分に休まなくてはいけないといわれていますし、実際、出産後も後陣痛や悪露に悩まされるので、身体の疲労感は相当なもの。さらに、出産と同時に育児がスタートしており、特に新生児はちょっと寝ては起きの繰り返しで、慣れるまでお世話も大変。ですから「正直セックスするくらいなら少しでも寝たい!」という場合も往々にしてあります。こんなときは、まずは数時間でも赤ちゃんのお世話を自分が担当し、まずは彼女に睡眠をとらせてあげることです。

◆産後の身体に自信がもてない

出産後、女性の多くは自分の身体の異変に気づきます。赤ちゃんが出てきた後ですから、膣は以前より広がって自分でも締りが悪いと感じられる。お腹の皮がだらしなく緩んだまま。妊娠線もお腹にくっきり残ったまま。授乳をやめた後だと、胸はあきらかに垂れてしまった、などなど…です。

劣化したと感じられる自分の身体をどうしても夫にさらす気持ちになれない。そんな妻の心境は視線を避けるような態度から現れるでしょうし、悩みを口にすることもあるでしょう。この場合は、彼女が自信をもてるように自分にとって十分君は魅力的だと照れずに伝えることです。

いずれの場合も、自分の気持ちだけに固執せず、相手がどんな状態かを把握し、彼女たちにあわせて行動することです。そうすれば、再びふたりはよいセックスライフの再スタートがきれるしょう。