夫への愛情は、妊娠~産後の時期に決まる!

妻に永く愛される夫でいられるかどうか。それは妊娠中~産後の期間にほぼ決まると言っても過言ではありません。人生の一大イベントである出産の時期に、夫から心強いサポートを得られた女性は、夫に対する感謝の念をずっと忘れることはありません。ぜひ心して、この期間を乗り切りましょう!

◆女性の出産に関する夫への恨みは、なかなか消えない!

出産は女性にとって、男性が思う以上に大きなイベントです。そもそも恋愛や結婚自体が、生物学的な観点から見れば出産のためにあるといえます。安心して子どもを産み育てられることは、すべての女性の本能的な望みなのです。ですから妊娠中~産後の時期は、パートナーに対する評価がもっとも定まってしまう、男性にとっては「試される時」でもあります。

実際、この時期の不満や恨みつらみは、出産から何年経っても引きずる妻が多いのをご存知ですか?「夫が妊娠中に優しくなかった」「産後まったく役に立たなかった」と、いつまでも事あるごとに振り返る女性は非常に多いのです。それがきっかけで妻が冷たくなり、産後セックスレスに突入するケースも決して少なくありません。

それほど、妊娠~産後の女性はある意味で動物的になっており、オスに対して厳しく評価を下してしまいます。今まさにその時期にいる夫は、ここが正念場と自覚し、妻をできるだけサポートするようにしましょう。

◆「つわり」への無理解は、妻の恨みを買う!

勝負は、妻の妊娠中から始まっています。妊娠中にもっともつらいことと言えば、やはり妊娠初期に多くの女性が襲われる「つわり」です。

一日中船酔いしたように気持ちが悪くなってしまう人もいれば、お腹が空いた時に具合が悪くなる人、特定の食べ物や臭いを受け付けなくなる人など、つわりのタイプは人それぞれ。しかしつわりは昔から多くの女性が経験しているにも関わらず、実はいまだに理由が完全に解明されていない、謎の現象でもあるのです。また中には、まったくつわりを経験したことのないラッキーな女性たちもいます。

そんなふうに個人差が大きいせいか、男性の中には「つわりは気の持ちよう」と一蹴する人もいるようです。しかし決して気のせいなどではなく、実際に多くの女性が苦しんできた歴史ある症状なのです。つわりに対する無理解は、その後も長く妻の怒りスイッチをONにします。絶対に「気のせい」で済まさず、妻をいわたる気持ちを持ちましょう。この時期は、妻に無理に料理をさせない気づかいも大切です。

◆産後の妻がいらだつNG行動とは?

産後の女性は、心身ともに疲れている上、新生児の育児でてんてこまい状態で、夫の世話にまで手がまわらないこともしばしばです。この時期に妻をいたわらないと、後々まで恨まれてしまいます。

寝不足でしんどい妻に「ご飯まだ?」「部屋散らかってない?」などと言うのは言語道断。夫は大人なのですから、こんな大変な時期くらい、自分のことは自分でできるはずです。

また産後の時期は、「夫の親」が原因で揉めることも多々あります。もちろん可愛い孫を見たいのは自然な気持ちですが、産後のドタバタしている時期に頻繁に家を訪問されるのは、嫁にとっては大変気が重いこと。そのあたりについても、夫は配慮してあげたいものです。

もちろん疲れている妻にセックスをしつこくねだるのもご法度です。この時期に自分の欲望をぶつけてしまうと、妻の心は永遠に離れてしまうことも。産後しばらくはそっとサポートすることに徹し、子育てが一段落するまで待ってあげるのも優しさです。