上手に妊婦をセックスに誘う方法、教えます

とっても小さくて愛らしい新生児。他人の子なら「かわいい!」と思う存分愛でることができますが、自分の子の場合は実際そんな余裕はありません。特に育児経験がない場合は、必死に毎日の育児をこなすばかりで「かわいいと思えない」という母親もたくさんいるくらいです。

夫にとっても赤ちゃんは大切な存在。できるだけのことをしてあげたい。そう思っているからこそ、ときには妻の育児や家事に口を挟みたくなるときがあるでしょう。しかし、赤ちゃんの命が危険に晒されでもしないかぎりは、新生児育児の間はあまりうるさくいうのは避けるべきです。思ったよりも強烈な妻からの反応が返ってくる可能性が大で、ふたりの仲がこのことからこじれてしまうこともあるからです。

◆肉体的にも精神的にも追いつめられている新米ママ

新米ママの多くはマタニティーブルーでなくても、肉体的にも精神的にも追いつめられています。まず新生児は夜も2時間、3時間毎に起きては授乳が必要なので、慢性的に寝不足状態。赤ちゃんが上手におっぱいを吸えない、ウンチが出ない、湿疹が出てしまったなどなど、ちょっとしたことでも経験がないので大きな悩みになりますし、はじめは誰しも「いつになったらこの子は夜きちんと寝るの?」「ずっとこのまま抱っこしてなきゃならないの」と思い詰めるものです。

新生児の成長はとても早く、これらは必ず後に解決する問題なのですが、新米ママにはそれが分かりません。先が見えない暗いトンネルの中にいるように彼女たちは感じているのです。

◆あえて怒れる妻の尻尾は踏むべからず

そんな妻たちだからこそ、はたから見ていて一言いいたくなるほど、あらが見えてくるでしょう。ですから、「もっとスムーズに服くらい着せてやれよ」とか、「ほんと最近料理が手抜きだな」などついついいってしまいがち。しかし、妻からすると「私は今100%、いえ、120%頑張ってるの!それがあなたには分からないの!?よくもそんなことがいえるわね!!」なのです。たとえ夫のいうことに一理あっても、彼が自分のこの切迫した状況を理解してないどころか、批判してきたことにどうしようもない怒りを感じてしまうのです。

女性はケンカをすると、過去の過ちを持ち出すもので、恨みを忘れないもの。特に出産後の記憶というのは鮮明なものなので、おそらくケンカの度に「あのときあなたは…」と持ち出されること間違いなしです。逆にこのとき「よく頑張ってるね」夫にいわれればいつもより感じやすいだけに妻はとても喜ぶでしょう。ですから、ここは冷静な男性が利口になってみてはいかがでしょうか?