家事代行サービスを上手に利用する方法もアリ

もともと根が真面目な人ほど完璧にこなしたいという気持ちが強く、それができないと「自分は駄目なんだ」と自分を責めてしまうことも。相手に対しても完璧を求めがちですが、無理なときは無理と諦めることも大切です。仕事も家のことも子育ても、100%完璧にできるなんて無理なのですから、時には自分を甘えさせることも大事ではないでしょうか。そんなときに「家事代行サービス」は心強い味方になってくれますよ。

◆家事代行サービスが広く浸透している

家事代行サービスと聞くと、なんとなくそれはお金持ちの人たちが利用するサービスという意識がありますが、今は一般家庭でも利用者がうなぎのぼりに増えています。これにはいろいろな理由がありますが、やはり共稼ぎ世帯が増えたことが大きな理由のひとつになっています。なんでも自分たちで完璧にこなすことは難しいです。それが原因で夫婦喧嘩が絶えないなんて悲しいことですね。ストレスや疲労がたまるとついつい相手に八つ当たりをしてしまうかもしれませんが、これがもしも家事代行サービスを利用したことで解消できたとしたら、これほど嬉しいことはありません。

◆そもそも家事代行サービスとは

サービスを利用したことがない方にしてみると、家政婦さんのようなイメージがあるかもしれません。家の主の変わりに家事を代行するサービスですから、確かに今日形態は似ています。どの業者に依頼するか、これによってサービス内容は変わってきますが、一般的に部屋の掃除をはじめとして、料理や買い物、そのほかベビーシッターやペットの散歩なども受け付けているところがあります。子育て中の家庭には大助かりのサービスばかりではないでしょうか。

◆余計なトラブルを生まないために

どんな家事を代行してくれるのか、それはどこまでやってくれるのか、事前にしっかりと話を聞いておくことが大事です。トラブルの中の多くはお互いの意思の疎通ができていないことです。そんな細かいことまで聞く必要がある? と思うかもしれませんが、トラブルを防ぐためには必要なことです。事前に「こういうことをやってほしい」と細かく支持することでトラブルを回避していきましょう。

◆依頼するときのコツ

例えば買い物をお願いするとき、ただ醤油、味噌などと伝えるだけでなく、いつもどこのメーカーのどれを買っているのか細かく指示しましょう。買い物は思いがけず時間がかかるものなので、いつも使っているスーパーなら店のどの辺りに商品の棚があるのか、なども指示しておくと時間を有効活用することができます。また、掃除をお願いするときは、どの部屋のどの部分をどの程度キレイにしてもらいたいのか、細かく指示します。掃除の程度も指示する必要があり、徹底的にキレイにするのか、それともささっとキレイにする程度でいいのか、これを具体的に伝えることでトラブルを回避できます。