里帰り出産が産後クライシスの原因ってホント?

待望の赤ちゃん誕生後、夫婦を悩ませる産後クライシス。誰が原因というわけでもなく、大きく生活が変化したことで心が追いつかない状態、ママの体のダメージが元に戻っ邸内状態など、様々なことが重なることでパパとママの間がギクシャクしてしまいます。産後クライシスの原因のひとつと言われている里帰り出産。本当に里帰り出産が産後クライシスの原因になのでしょうか。

◆出産はママにとって大仕事

大きなおなかを抱えていざ出産。体力的にも精神的にも大きく消耗するママたち。もしかしたら自分のことで頭がいっぱいでパパのことまで考える余裕がない、という新米ママもいるかもしれませんね。そのため、出産前後は実家で過ごしたい、いわゆる里帰り出産を希望するママも少なくありません。自分の実家なら気心知れた両親にどっぷり甘えることができますし、上げ膳据え膳で自分の家にいるときより快適に過ごせると本音を暴露するママもいます。それだけ出産はママたちにとって大仕事です。里帰り出産というと、出産前後、合わせて一ヶ月ぐらいを目処にしているというママが多いようです。

◆里帰り出産がママに与えるプラス要因

やはり自分の両親が側にいるので、緊急事態でもすぐに甘えることができる、頼ることができる、時にはわがままも言えるというのがプラス要因になります。出産は不安が付きまといますから、精神的に落ち着くことができるのはママにとって大助かりです。先ほども話しましたが上げ膳据え膳ですっかり甘えることができあす。精神的に出産に向けて安定した毎日を送ることができるのです。また、自分の両親から子育てについてアドバイスをもらうこともできますし、両親だからこそ今の時代の育児は違うのよ、とか本音で語り合うことも可能です。里帰り出産はママにとっていいこと尽くめなんですね。

◆里帰り出産にデメリットはあるの?

しかし、すべてがいいことばかりではありません。例えば、これまで定期健診で通っていた病院ではなく、実家の近くの病院で出産になります。担当してくれた先生ではなくほかの先生というのは、多少なりとも不安材料になるでしょう。また、一人暮らしのパパが寂しさのあまり浮気をするという心配もでてきますね。元々炊事洗濯が得意なパパならいいのですが、里帰りを終えて帰ってきたら部屋の中がひっくり返っていたとビックリするママもいます。それから、いきなり出産を終えて帰ってきたママと子供に対して、この子があなたの子供よと言われてもなかなか実感が沸かないパパもいるようです。側にいなかった時間が長ければ長いほど、その傾向が強いといいます。女性に比べて男性のほうが寂しがりだといいますから、妻が長い間、家を留守にすることは夫にとって相当ダメージが大きいようです。

これらがきっかけで夫婦の関係が微妙になってしまうことは珍しくありません。自分だけが大変だった、と相手に押し付けてしまう可能性があるんですね。出産は誰もが大変なことです。ママの実家が近くなら、通える範囲で顔を見せてあげるといいかもしれませんね。ちょこちょこ実家に行くのが大変でも、せめて産気づいたら、まとまったお休みをもらってあげるとママも安心してくれるはずです。