浮気によるセックスレスを避けるには?

「浮気」というのはよくある離婚理由ですから、夫婦仲を取り戻すのは大変難しいことでしょう。

しかし、一方で多くの夫婦はこの経験を経ても別れることなく、結婚生活を続けます。その後、子供が生まれるケースももちろんあるでしょう。ところが、それをきっかけにセックスレスに陥ることもよくあります。

では、不倫という夫婦仲の危機を経験したカップルがセックスレスにならないようにするコツはどこにあるのでしょうか?それはお互いにわだかまりを払拭するためにじっくり腰をすえてコミュニケーションをとり、過去にこだわり続けるのではなく、家族としての未来を見つめることではないでしょうか。

◆和解のために焦りは禁物、ゆっくり時間をかけて許し合おう

一時の気の迷いや誘惑に負けてしまい浮気をしてしまうことは、どんな夫婦にも起こりうること。過ちを犯してしまい、それが間違いだと気づいたら、なんとか一日でも早くパートナーの信頼を取り戻そうと必死になるでしょう。謝罪はもちろん、プレゼント、家族サービスなど、色んな方法を試みてなんとか「あなたを許します」という言葉や、再びベッドで受け入れてもらいたいと願うのです。

しかし、実際は必死になればなるほど、空回りするのではないでしょうか。浮気された直後は、相手を不潔と思い、拒否反応があるもの。それに、焦って許しを請われれば請われるほど、いかに自分が不当な扱いを受けたかをしみじみと思い知ります。そして、ますます怒りを募らせるのです。

ですから、和解のために近道しようとは思わないようにしましょう。ゆっくりと時間をかけて、毎日の積み重ねで許してもらうことが大事です。壊れてしまったものを取り戻すのにはとても時間がかかるものなのですから。

◆パートナーと家族の未来を描こう

家族というのは、毎日一緒に暮らしていくものですが、ただ毎日一緒に暮らすだけではいけません。何の発展もないならそれは同居人で家族とすらいえないのです。子供をこんな子にしたいとか、いずれマイホームを持ちたい。そうした将来の夢を描き、それを実現するために一緒に努力していく、これがなければ夫婦が一緒にいる価値はないのです。未来を描けないときこそ、別れどきともいえるでしょう。

家族が崩れかけている今だからこそこの夢がとても大事です。パートナーと会話するときは、実現したい家族の夢のことを意識して話しましょう。そうすれば、相手も過去の苦い過ちよりも、これからの未来に思いをはせる気持ちになります。過去になにがあっても、未来を信じられるなら人は前に進もうと思うものです。そして、未来はいずれ過去を凌駕するでしょう。