大人の男性として見られない…夫の子ども化が増えている!

子どもを産んだ妻が夫をキライになってしまう理由の一つに、「夫の子ども化」があります。対等な大人のパートナーのはずだった夫が、気づいたら子どもと同じ頼りない存在に見えるようになった…そんな悩みを持つ妻も多いようです。

◆子ども化する夫とは、セックスレスになるのも当たり前!

結婚や出産を機に、夫ではなく「長男」になってしまう男性は意外に多いと言われています。その兆候を事前に見抜くのはなかなか難しく、妻からは「こんな人だったとは…」とがっかりする声が上がっているようです。

子ども化する夫の特徴としては、まず「家事を一切しない」ことが挙げられます。たとえ妻が体調を崩して横になっていようとも、子どもと一緒にお腹を空かせながら「ママー、ご飯まだ?」「どうすればいいの?」などと言う…まさに子どもと同じ立ち位置です。

外での仕事はそれなりにきちんとしていても、家のことにはまるで無知、というより興味すらない。これも子ども化夫の特徴です。自分あての郵便物なのに、指示されなければ開封もしない。家計がどうなっているのかまったく知らない。靴下のある場所も分からない。それでいて「今度○○買いたいから、お小遣いちょうだい」とねだる…子どもと一緒ですね。

こんなふうに夫が子ども化してしまうと、当然ながらセックスレスになりやすくなります。妻が夫を大人の男性として見られなくなってしまうからです。しかし子ども化夫の中には、性格は子どもなわりに性欲だけは変わらずある人が多いため、妻に断られるとふてくされるケースも多く見られます。

◆息子のいる家庭では特に、夫を子ども化させないようにしよう

夫の子ども化を防ぐためには、夫自身が精神的に自立できるよう努力することももちろん大切ですが、妻の「教育」も重要です。

たとえば普段から何だかんだといいながら、妻がすべて世話を焼いてしまっていると、相手はそれに甘えてどんどん何もできない人になってしまいます。結婚前は一人暮らしをして、きちんと自炊もしていたはずの夫が、結婚後急に幼児化してしまうケースはいくらでもあるのです。その一因は、「面倒見のよすぎる妻」にあります。

まさに子育てと同じで、夫も正しく教育していかなければいけません。夫を子ども化させる妻の中には、「どうせ夫には何もできない」と決めつけている人も多いため、まずは相手を信頼して何かを任せてみることも大切です。料理でも育児でも、「今忙しいから、お願いね」と丸投げしてしまいましょう。最初からうまくできなくても、少しずつ成功体験を積み重ねていくことで、夫も自分の能力に自信を持てるようになります。もちろんうまくできた時には、子育てと同じく褒め言葉を惜しみなくかけることが重要です。

特に男の子のいる家庭では、父親が子ども化してしまうと、その姿を見て育った息子もまた「何もできない人」になってしまう危険性があります。「この人、家事とか何もできないなー」と感じる男性がいたら、その家庭を見てみると、父親が母親に家のことをすべておんぶにだっこでやってもらっていることが多いはずです。これでは今の時代を生きていくことは難しいですので、息子のためにも夫の教育に力を入れていきましょう。