ボディタッチでふたたび男女の仲に

普段、夫婦間のボディタッチはどのくらいありますか。「そういえば、ここ最近はほとんど相手の体にふれていない」と思い当たる方もいるかもしれません。付き合いたての頃は自然としていたボディタッチ。子どもが産まれてから、いつの間にかすっかり無くなってしまっていませんか。

ボディタッチは、男女の仲に必要不可欠なアクションです。パートナーとのロマンチックな関係にふたたび火をつけるためにも、意識してボディタッチを行ってみましょう。

◆男女関係におけるボディタッチの効果

パートナーと付き合いたての頃は、自然とボディタッチをしていませんでしたか。ボディタッチは、感覚に反応しやすい男性の気を引くために、とても有効な手段です。数ある恋愛のテクニックの中にも、ボディタッチを利用したものが多くありますよね。

子どもが産まれると、必然的に子どもへのスキンシップが多くなります。したがって、夫婦間のスキンシップがまったく無くなってしまったとしても、あまり意識しにくいかもしれません。もしもパートナーへのボディタッチが少なくなっていることに気づいたら、今後は二人きりの時間に、積極的に相手の体に触れてみてください。

◆性的に効果のあるボディタッチとは?

産後のセックスレスに陥ってしまったら、まずは普段からのボディタッチを少しずつ増やしてゆくことから始めましょう。自分から進んで行えば、そのうち相手も気がつき、あなたのことを意識するようになるでしょう。

恋人同士だった頃のように、お互いに自然と触れ合うようになってきたら、次はさらにステップアップして、性的に効果のあるボディタッチをしてみましょう。二人でベッドに横になって、マッサージを行います。初めは肩や腰のあたりに疲労回復のためのマッサージをしてください。子育てや仕事で疲れている体へのマッサージは、相手に決して嫌な思いをさせないでしょう。しばらくマッサージを続けて、雰囲気が出てきたら、流れでその他の部分にも触れてみてください。

◆急がず、焦らず

産後の性行為が無いからといって、すぐに「夫婦の仲が冷めた」と判断するのは危険です。たとえ産後の性行為が減ってしまったとしても、ボディタッチが無くなっていないのであれば、夫婦仲にはそれほど問題がないかもしれません。

男性の中には、それほど性行為を望まないタイプの人も、存在します。それなりに歳を取っているならば、疲れやすくなっている可能性もあります。セックスレスで焦って、相手を急かすような態度を取ってしまうのは、逆効果。「ボディタッチはしているのだから」と気長に構えていた方が、案外、夫婦仲は上手くゆくかもしれません。

相手の気持ちを思いやることなく、すべての男性がいつまでも性行為を望むと考えていると、的外れな行動を取ってしまうかも……? スキンシップを望むけれども性行為をしない、というケースもあり得ます。産後のセックスレスについては、あなたとパートナーの関係によって柔軟に考えてゆきましょう。

産後のセックスレス解消のために、夫婦間のボディタッチを意識的に増やしてゆきましょう。ボディタッチは男女の関係に必要不可欠な行為です。ただし、ボディタッチで愛を感じられるのであれば、性行為の有無については少しくらい保留してもいいかもしれません。