産後のメイク、どうしてる?! ふたたびキレイを手に入れるために

子どもを持つまでは旦那さんとのデートでもバッチリメイクしていた女性でも、出産をしてからはあまりメイクをしなくなることが多いそうです。とはいえ、普段とは違った雰囲気に変身できる化粧は、色気を引き出すのに重要なポイント。男性にいつもと違う側面を見せられるという点からも、いつかはまたバッチリお化粧をしてお出かけしたいですよね。産後のセックスレスを解消するためのひとつの手段として、メイクに力を入れてみましょう。

◆病院ではベースメイクとネイルはNG!

若いママや、他のママの旦那さんなど、病院では思った以上に人目が気になりますよね。おしゃれに力を入れたい気持ちがあるのは素晴らしいことですが、産婦人科での入院中や通院中は、なるべくベースメイクやネイルを控えておきましょう。

医師や看護師など医療従事者は、あなたの血色を見て体調のチェックを行っています。ファンデーションで顔色を隠してしまったら、大切な情報を見逃してしまうかもしれません。病院ではなるべく血色が確認しやすいように、ベースメイクをしないでおきましょう。同じように、ネイルもなるべく控えておきたいところ。たかが爪の色ひとつ、と感じるかもしれませんが、これも医療従事者にとっては大切な情報のひとつなのです。

◆出産後、メイクはいつから始める?

一般的に、出産後はまず退院当日にメイクをする女性が多いようです。その理由は、退院時に子どもと一緒に写真を撮ってくれる、病院のサービスが関係しているのだとか。産婦人科に行くとよく、子どもと母親のスナップ写真が飾ってありますよね。母子のスナップ写真は人に見られる機会が多いですから、ママ達も気合を入れてメイクをするのだそうです。

そうはいっても、その後帰宅したママたちが、これまでのようにメイクを続けるというわけではありません。大半の方が、子どもとのふれ合いのためや育児の忙しさから、メイクをしなくなってしまいます。

◆メイクをしなくてもキレイに見せるには?

「やっぱり、子どもが肌にふれてしまうことを考えると、メイクには抵抗がある!」という方は、メイクをしなくてもキレイに見せるテクニックを利用してみましょう。メイクなしでキレイな印象を与えるためには、健康な肌と髪が重要なポイントとなります。

まず、ファンデーションなどのメイクをしないのであれば、スキンケアとヘアケアに力を入れましょう。忙しくても、日々の基礎化粧品でのスキンケアや、オイルやトリートメントでのヘアケアだけはしっかりと行ってください。この状態で、ラメの入っていないアイブローと、くるりんぱなどの簡単なヘアアレンジをするだけで、小ぎれいな印象をつくれます。

◆旦那さんと二人きりの時はバッチリメイクしてみよう!

周囲に子育てに協力してくれる人がいれば、時には子どもを預けて旦那さんと二人でデートする機会があるかもしれません。そんな日は、ここぞというところで気合を入れてバッチリメイクをしてみましょう。「もう、散々すっぴんを見られているから……」と面倒くさがってしまうようではいけません。メイクをして出かけるだけで、旦那さんはいつもと違う雰囲気にあっと驚いてしまうかも。

忙しい出産後のメイクは、おろそかになりがち。フルメイクできないなら、スキンケアとヘアケアなどの基本的なお手入れと薄化粧を組み合わせて、小ぎれいにしておきましょう。もちろん、旦那さんとの二人きりでのデートは、バッチリメイクをしてギャップを狙ってください。子どもが産まれる前の二人のようなドキドキ感を取り戻して、産後セックスレスを解消できるといいですね。